最新記事

【JA実践事例紹介】JAが発信する学び・活動の場の重要性(後編~長野県JAあづみ)小川理恵一般社団法人日本協同組合連携機構 基礎研究部 主席研究員

小川理恵 一般社団法人日本協同組合連携機構 基礎研究部 主席研究員 JA組合員や地域住民が仲間と共に協同組合の特性や意義を学び、さまざまな生活文化活動を体験して交流することの意義は大きい。JAを拠点にした学びの場は、どの […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / #

【協同の歴史の瞬間】〔第81回〕1933(昭和8)年11月24日 「全日本商権擁護連盟」 設立される (中)監修/堀越芳昭 山梨学院大学 元教授

監修 堀越芳昭山梨学院大学 元教授 協同組合や農協界にとって重要なターニングポイントとなった記録をひもとく。 全日本商権擁護連盟の設立以降、反産運動が執拗に展開される。その運動の指導者、渡辺銕蔵は、産組拡大運動の中に由々 […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / #

令和4年度JA生活文化活動担当者パワーアップ研修会

令和4年度JA生活文化活動担当者パワーアップ研修会 主催:一般社団法人 家の光協会 後援:一般社団法人 全国農業協同組合中央会 JAにおける生活文化活動担当者の育成と女性組織の育成強化、活性化の支援を目的に、「JA生活文 […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / # / # / #

【教育文化・家の光プランナー】共に活動して生まれる仲間意識廣瀬知志 JA福岡市 経済部食農福祉課 課長

廣瀬知志 JA福岡市 経済部食農福祉課 課長 ひろせ・ともゆき/平成5年JA福岡市入組。渉外、旅行センター、支店などの業務を経験。食農福祉課は今年で10年目となる。女性部等の組織を担当する生活係、教育文化活動を担当する教 […] クリックして読む

第7回「懸賞論文」最優秀賞論文と受賞者インタビュー冨永一郎 JA福岡市

第7回「懸賞論文」最優秀賞論文と受賞者インタビュー 冨永一郎 JA福岡市 前回の7月配信でお伝えした第7回「懸賞論文」で、みごと最優秀賞に選ばれたのがJA福岡市の冨永一郎さんの論文です。その論文を全文紹介するとともに、冨 […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / #

【農業・食料ほんとうの話】〔第132回〕世界に例を見ない共販潰しは、誤っている鈴木宣弘 東京大学大学院 教授

鈴木宣弘 東京大学大学院 教授 すずき・のぶひろ/1958年三重県生まれ。東京大学農学部卒業後、農林水産省入省。農業総合研究所研究交流科長、九州大学教授などを経て、2006年より現職。食料安全保障推進財団理事長。専門は農 […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / #

【提言】福祉防災に向けて“顔の見える”関係づくり奥村奈津美 防災アナウンサー・環境省アンバサダー

奥村奈津美 防災アナウンサー・環境省アンバサダー おくむら・なつみ/テレビやラジオなどの各種メディアに「おうち防災」の専門家として出演。東日本大震災以降、全国の被災地を訪れ、取材や支援ボランティアに力を入れる。防災士、福 […] クリックして読む

公開日:2022/08/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / #

「世界こども図画コンテスト」バーチャル美術館ーウクライナ作品館ーをオープン

家の光協会は、今年で30回目を迎える「世界こども図画コンテスト」の過去の入賞作品のうち、ウクライナからの作品をインターネット上で閲覧できるバーチャル美術館を開設しました。 これまでコンテストにウクライナから1万2,000 […] クリックして読む

公開日:2022/07/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:#

『JA教育文化Web』の配信にあたって

家の光協会では、これまで、JAのトップ層や家の光事業ご担当部署のみなさまに毎月、『JA教育文化・家の光ニュース』(冊子)を発刊し、JA教育文化活動の促進および『家の光』『地上』『ちゃぐりん』『やさい畑』「家の光図書」の普及活用に役立つ情報をお届けしてまいりました。

このたび、より多くのJA役職員のみなさまにご覧いただけるよう、紙媒体に替えてWebサイトから情報を配信させていただく運びとなりました。

新たな『JA教育文化Web』は、スマートフォンやパソコンで手軽にご覧いただけます。これまで以上に充実したコンテンツをお届けいたしますので、今後ともみなさまがお取み組みになるJA教育文化活動にぜひ、お役立ていただけたら幸いです。

令和4年5月2日
(一社)家の光協会

ページトップへ