最新記事

農業・食料ほんとうの話〔第150回〕地域農業振興プロジェクトに希望~観光業界も動く~鈴木宣弘 東京大学大学院 教授

地域農業・農村の「消滅」の危機が進行する中、地域の観光産業や、企業、商店街など、様々な分野の人々が一緒になって、地域全体を巻き込んだ自発的な地域経済活性化プロジェクトの中に食料生産を位置づける取り組みは着実に成果を挙げて […] クリックして読む

公開日:2024/02/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / #

【開催報告】
令和5年度 JA教育文化活動研究集会

家の光文化賞農協懇話会と家の光協会は、令和5年11月29~30日、令和5年度JA教育文化活動研究集会を「JA新時代のファンづくり」をテーマに大阪市内のホテルで開催。JAの総務企画・営農経済部門の部課長、統括支店長・支店長 […] クリックして読む

【開催報告】令和5年度「家の光文化賞促進賞」受賞組合が決まる

「家の光文化賞促進賞」は、教育文化活動をJAの事業・活動のなかで総合的に取り組むべき活動として明確に位置づけ、「家の光文化賞」にチャレンジするJAの育成を目的に設置されたものです。賞状のほか副賞として賞金が贈られます。令 […] クリックして読む

公開日:2024/02/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / #

【協同の歴史の瞬間】賀川豊彦の「乳と蜜の流るゝ郷」(その3) 1934(昭和9)年『家の光』2月号 東助、行商しながら多くのことを学ぶ 『家の光』3・4月号 春駒、さまざまな角度から産業組合を語る 監修/堀越芳昭 山梨学院大学 元教授

長野県上田市の藤井亭で働きだした東助に、農村、産業組合を学ぶチャンスがやってくる。さかなを行商することで当時の農村経営、産業組合運動の先進事例を目にした東助は多くを勉強する。 次に、商権擁護連盟の晩さん会における春駒の商 […] クリックして読む

公開日:2024/02/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / #

【JA実践事例紹介】相続相談を通じた40代・50代との関係構築(後編)-京都府JA京都やましろ 家族で取り組む相続-藤井晶啓 一般社団法人日本協同組合連携機構 常務理事

相続相談の位置づけは、JAによって地域貢献活動や資産管理事業、共済事業や信用事業の一部と様々である。 そして最近、「組合員の次世代と接点を持てないまま相続が発生することなどで、JAの組合員は日々流出して事業基盤が縮小し、 […] クリックして読む

【提言】~畑地化促進事業にみる地域農業の現状~農業生産・生活現場の声を集めて政策提言を佐藤加寿子 熊本学園大学 経済学部 教授

食料安全保障の強化に向けて、水田の畑地化に助成する国の畑地化促進事業が始まっている。2023年度から約1万ヘクタールが畑地化する見通しだ。しかし、それに伴う水田活用の直接支払交付金見直しによって地域農業に大きな影響を及ぼ […] クリックして読む

公開日:2024/02/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / #

【トップ対談32】特集 JA女性参画を語り合う仕事上の役割で男女の区別はあってはならない(下)ゲスト/谷井 悦子(富山県JAなのはな 代表理事組合長) 金木 洋子(富山県JAなのはな 理事) 神田 美佐子(石川県JA内浦町 代表理事組合長) 花畑 壽一(石川県JA内浦町 元代表理事組合長)

前回の谷井悦子組合長、神田美佐子組合長との鼎談に続いて、今回はそれぞれの組合長をよく知る地元の方にご登場いただき、組合長の人柄や行動力、JAに対する熱い思い、さらには組合長に選出されるまでの経緯を、それぞれのJAにお伺い […] クリックして読む

公開日:2024/02/01 

記事ジャンル: 

収録誌名: 

タグ:# / # / # / # / # / # / #

『JA教育文化Web』アンケートのお願い

『JA教育文化Web』をご覧いただき、誠にありがとうございます。2022年5月から配信をスタートし、毎月記事を更新しています。今後も企画・記事をいっそう充実してまいります。みなさまのご意見、ご感想をお聞かせいただきたく、 […] クリックして読む

公開日:

記事ジャンル: 

タグ:

『JA教育文化Web』の配信にあたって

家の光協会では、これまで、JAのトップ層や家の光事業ご担当部署のみなさまに毎月、『JA教育文化・家の光ニュース』(冊子)を発刊し、JA教育文化活動の促進および『家の光』『地上』『ちゃぐりん』『やさい畑』「家の光図書」の普及活用に役立つ情報をお届けしてまいりました。

このたび、より多くのJA役職員のみなさまにご覧いただけるよう、紙媒体に替えてWebサイトから情報を配信させていただく運びとなりました。

新たな『JA教育文化Web』は、スマートフォンやパソコンで手軽にご覧いただけます。これまで以上に充実したコンテンツをお届けいたしますので、今後ともみなさまがお取み組みになるJA教育文化活動にぜひ、お役立ていただけたら幸いです。

令和4年5月2日
(一社)家の光協会

ページトップへ